理事長紹介・ご挨拶

理事長インタビュー

歯科医院は、「治す」だけの場所ではありません!
患者さまが行きたくなる、ワクワクできる歯科医院を京都につくるのが私の使命です!

歯科医師に心からなりたいと思えた環境に感謝

私が歯科医師になったのは、家族の影響です。父が歯科医師、祖父は歯科と産婦人科の病院を経営する医師でした。実は、私は子どもの頃からパイロットに憧れていたんです。でも、高校3年の受験の時に、歯科医師になろうと歯科大学を受験しました。父の働く姿を見て育ちましたし、祖父の「人間の体の全てを診る医者でありたい」という医師としての姿勢に憧れていたんですね。しかし、いざ受験となった時、まだ心に迷いがあって、気付けば私は答案を白紙で提出していました。人間として、父や祖父を尊敬していました。でも、「私自身が歯科医師になりたいのか」という答えまで辿り着けていなかったのです。
その後、予備校に通うことになった私は、医師を目指す仲間たちと出会うことができました。彼らと一緒に勉強しているうちに、私は自然に医師としての志しを持つようになり、医師という仕事に誇りを感じるようになりました。そこから本気で歯科医師を目指すようになったのですが、家族や仲間の存在は本当にありがたいなと今でも感じています。

患者さまに選んでもらえる診療を目指しています

当院では、できるだけ患者さまのニーズにお応えすることを意識しています。歯科医院では治療計画を立てて患者さまに説明をします。その際に、歯科医師が治療方法を勧めてくれるところも多いでしょう。当院では、「患者さまにお勧めする」のではなく、「患者さまに選んでもらえる」ように、治療内容を「ご提案」します。その方が、患者さまも納得して治療を受けていただけると思うからです。治療が終わった後に、患者さまの喜ぶ顔を見たいと思うのは、全てのスタッフが望んでいることです。選択するというのは、患者さまに責任を押し付けるという意味ではなく、患者さまと一緒に寄り添って考えることができる医院でありたいということです。

元気な子どもたちの成長を見守る!地域の貢献に全力を注いでいます。

私がこの地に開業したのは、自分の育った場所であり、父もこの土地で歯科医院を開業していたこともあったからです。父の代から通ってくださる患者さまもいらっしゃいますし、自分が愛している地域に貢献したいという願いから、くいな橋に「くいな橋しばたデンタルクリニック」を開業しました。今年開業した「北大路デンタルクリニック」を北大路に開業したのは、京都烏丸線で繋がっているのが理由の一つ。この沿線に住む方々のお口の悩みを解消し、元気でノビノビと過ごしていただければと、そんな願いが込められています。私は現在、京都市の嘱託員として京都市乳幼児歯科相談と妊産婦歯科相談を行っています。私自身も3人の子どもを育てる親です。同じ土地で子育てをする同士として、一緒にこの地域の子ども達の成長を見守りたいと思って始めたのがきっかけです。自分の仕事で地域に貢献できるのであれば、これ以上に幸せなことはありませんね。

患者さまが足を運びたくなる環境作りにこだわっています!

歯科医院は、「怖い」「行きたくない」というイメージが強いかもしれません。むし歯にでもならなければ、足を運びたくない場所の代名詞かもしれませんね。しかし、歯科医院は「治す」だけではなく「予防」する場所でもあるのです。そのために、日頃から患者さまにも歯に対する意識を高めていただく必要があります。丁寧で的確な歯科治療をご提供するのは、歯科医院として当たり前のことです。その前提があって、さらに「あの歯科医院に行きたい!」と思っていただくための環境作りにこだわっています。「楽しい!」「ワクワクする!」と思ってもらえる医院にするために、患者さまとしっかりと向き合っていくことが重要だと考えているのです。

楽しい環境に必要不可欠なのは、楽しく働くスタッフ!

当院のスタッフは、明るく元気で前向きな人が多いのが私の自慢です。楽しい歯科医院をつくるには、スタッフが楽しく働くことが最も重要だと思っています。そのために、定期的にミーティングを行い、情報共有をしたり、メーリングリストを利用して、日頃あった些細なことも報告し、モチベーションアップを図っています。スタッフのモチベーションは患者さまにも影響します。高い意識を持って患者さまと接することで、会話もはずみ、患者さまから多くの事を医師やスタッフに話してくれるでしょう。それが、患者さまのニーズにつながっていくのです。私は、理事長という立場ですが、私から何かを言ってスタッフが動くのではなく、自発的にスタッフが動けるように全てのスタッフが同じ目線で一人の患者さまに接する体制が整っていると自負しています。

地域に貢献するために、歯科の総合病院をつくりたい!

私には、夢があります。京都のこの地で、地域に貢献したいというのは先述したとおりです。そして、最終的には、お口の悩みならどんなことでも相談できる「お口に関する総合病院」のような施設をつくることです。歯科医院は、一般歯科から矯正歯科、口腔外科、アンチエイジングなど様々な診療を歯科医師が一人で担当することがほとんどです。しかし、一つの施設にそれぞれの専門医が集結し、この地域のお口の健康を守る。そんな場所があれば、地域の歯や口元に対する意識は向上し、健康にも繋がっていくでしょう。
そのために、今後も新しいことにどんどんチャレンジしていこうと思っていますし、現状に満足せずに研鑽を重ねながら夢に向かって邁進していこうと考えております。

理事長

柴田将臣

経歴

大阪歯科大学総合診療科勤務

神戸大学医学部口腔外科関連病院県立淡路病院勤務

神戸大学医学部口腔外科関連病院ないとう歯科クリニック勤務

京都市南区浅野歯科医院院長

京都市伏見区柴田歯科医院副院長を経て現しばたデンタルクリニック開業

所属

  • 日本歯科審美学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 床矯正研究会
  • 関西臨床研究会
  • 歯科美容医療研究会
  • 日本アンチエイジング歯科学会
  • 日本抗加齢医学会

現在、京都市 保健センター(伏見保健センター)にて、成人・妊婦歯科相談・乳幼児歯科相談を担当。